MENU

AGAの治療料金・かかる費用について考えてみよう!

 

AGAの治療料金・かかる費用について考えてみよう!

AGAの治療料金保険適用外となりますから、まずその費用が気になりますね。専門的な治療を行ってくれる所と一部の診療だけを行う所とでは、費用におのずと差が出ますが、大体どこのクリニックでもしてくれるのは、脱毛を抑制する効果のある服用薬プロペシアと発毛効果が期待できるミノキシジルの処方です。これらの薬は効力の高い薬であるため、1錠約250円〜と大変高価です。殆どのクリニックでは最低でも約7500〜10000円ほど費用がかかってしまいます。なので一般の保険のきく薬の費用とは雲泥の差があると言えます。

 

ちなみに専門外来では、初回と6ヵ月後に採血と血圧測定などの検査を行い、月1回の医師による問診・祝診・触診と来院時毎の効果判定、内用薬プロペシア錠・外用薬ミノキシジル・抗炎症剤・ビタミン類などの処方などを行いますが、この診療には月1日でも1〜30000円ほどの費用がかかると言われています。その他の一般の病院では、一部の病院を除き、検査・診察・効果判定などがしないことが多く、プロペシア単剤を処方され、それ以上の脱毛の進行は抑制する現状維持の診療9000〜15000円ほどかかるようです。AGAの治療薬の中には、アメリカなどの外国製のものもあり、個人で購入して独自に治療する方法もあるのですが、薬の代金によっては1000円〜9000円ほどかかります。但し、これらの薬で万が一強い副作用が出ても、医者にかかることが出来ませんから、どうしても輸入した薬で治療を行いたい場合は事前によく調べるか、専門医に相談してから購入を決めるとよいと思います。

植毛の料金・費用はいくらくらい?

専門にAGAの治療をしてくれるクリニックで植毛の施術をしてもらうと、手術の基本料金としてまず20万以上はかかると言われています。そして、植毛する毛髪の本数によって全体の費用は、それぞれ変わっていきます。例えばそれぞれ相場として1番安い費用の例をあげておきますと、650〜750本の植毛で20万円、1300〜1500本の植毛で40万円、1950〜2250本の植毛で60万円、2600〜3000本の植毛で80万円、3250〜3750本の植毛で100万円、3950〜4500本の植毛で120万円と言われているそうです。あくまでも1番安い費用の例ですので、病院によってはもっと高い所もあるかもしれませんから、事前に行きたい病院の設定している費用は、よく調べておくようにしましょう。

AGA治療料金の費用の例

AGA治療料金の費用の例としては、東京新橋にあるAGA治療を専門に行っているあるクリニックでは、無料カウンセリング・初診料(問診・検査等)が3240円、1ヵ月分のプロペシア錠の処方が7560円、内服及び外用薬治療他で7020〜18900円、育毛シャンプーの使用が4010円、遺伝子診断費用が19440円などとなっており、その他にも希望すれば幾つかの治療のメニューがあるので、脱毛の状況によっては、さらに費用がかかることは覚悟しておかなければなりません。最終的に植毛まで行うと、確実に100万単位のお金がかかるのは普通だと考えていれば間違いないと思います。

 

AGA(男性型脱毛症)の治療の効果について

 

AGA(男性型脱毛症)の治療の効果について

AGAという症状の名称は最近御馴染みになってきたものですが、AGAに悩む男性は実は以前からいます。現在では、AGAに悩む男性は全国に約1260万人、気にしている男性は約800万人、ケアを行ったことのある男性は約650万人いると言われています。それぞれダブっている男性がいるとしても、男性の約10人に1人はAGAに悩んでいるということになります。このAGAの治療はプロペシアという治療薬の服用が一般的ですが、その他専門的クリニックの治療では、育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリメント、頭皮マッサージ、生活改善の指導などによって効果をあげることを目指しています。一部のクリニックでは植毛も行っています。

 

プロペシアはフィナステリドという成分を主成分とし、AGAの原因となる男性ホルモン(DHT)の生成を抑制することで、脱毛や抜け毛を防ぐ効果があります。フィナステリドという成分はFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されており、日本でも厚生労働省に承認されて現在に至っています。先程も書きましたように、一般病院での治療は大半がこのプロペシアという治療薬によるもので、臨床試験でも、9割以上の服用者にAGAの進行停止の効果が見られているとのことです。

 

但し、このフィナステリドという成分には副作用もありますから注意が必要です。服用した人の内の約5パーセントの人に、胃部不快感・性欲減退・まれに勃起不全・精子減少などの症状が見られたというデータがあるからです。とは言え、5パーセントと言えば例外中の例外とも言えますから、それほど神経質に心配する必要はないと思います。ただ、肝機能に不安のある人が個人的に輸入業者などから入手する場合は、より注意を要するかと思われます。

 

市販もされている外用育毛剤として特に有名なのは、大正製薬から発売されているリアップですが、このリアップにも1パーセント含まれている成分が、発毛及び育毛に効果のある成分として御馴染みのミノキシジルです。このミノキシジルも、当初は経口血圧降下剤の成分として使われていたのですが、全身に多毛症の副作用が見られる患者が出たため、この分野の薬の成分として用いるには不適当であるという結論に至ったようです。そして臨床実験の結果、むしろ全く分野の違う脱毛症に効果があると判断され、育毛剤の成分として、広く用いられるようになったのです。

 

内用薬であるプロペシアは、個人的に輸入して購入することも一応可能ですが、万が一副作用が出た場合のことを考えると、医師から処方してもらうほうが良いと思います。一方ミノキシジルの成分を含んだ外用薬、即ち頭部に塗布する育毛剤は、市販のものを購入しても、医師に処方してもらっても構いません。どちらかだけでも効果はあると思いますが、これらを両方使えば、脱毛と抜け毛を抑制する効果も毛の育つ効果も得られるので、一挙両得となり、より効果がアップすることは確実だと言えると思います。

 

AGA(男性型脱毛症)の治療は病院・クリニックで!

 

AGA(男性型脱毛症)の治療は病院・クリニックで!

AGA、即ち男性脱毛症は当事者にとっては大変深刻な問題です。AGA治療を行うには、一般の病院としては、皮膚科系クリニック・内科系クリニック・美容及び皮膚科系などがありますが、最初のカウンセリングから問診・検査・投薬・植毛手術など専門的な治療を行っている所もあるので十分注意する必要があります。一般の皮膚科系や内科系のクリニックでは、初回にプロペシア錠という飲み薬が約1ヵ月処方され、副作用がなければ再診時に3ヵ月処方されます。美容及び皮膚科系のクリニックですと、若干処方が異なりますので気を付けてください。

 

美容及び皮膚科系のクリニックでは、まず最初に問診と生え際のチェックを行い、先程言った様に約1ヵ月分のプロペシア錠が処方されます。初回と2回目の診療時に血液検査を行い、副作用などの以上がなければ、他の病院と同様に約3ヵ月分のプロペシア錠が処方されることになっています。AGA治療を専門的に行っているクリニックですと、プロペシア錠以外に頭皮への塗り薬ミノキシジルとの併用や、育毛用メンセラピーなどの、独自のAGA治療に力を入れている所もあります。但しこういったクリニックは、全国的に見てもまだまだ少ないそうなので、AGAをキーワードに検索して、お近くのクリニックをお探しになるといいでしょう。

 

繰り返しになりますが、一般病院の皮膚科や内科では、プロペシア錠の処方しかしない所が殆どです。専門に行っているクリニックでなくとも、AGAを専門に行える体勢や治療メニューが整っているかどうかを確かめるようにしてください。実際にAGAの治療を専門的に行っていらっしゃる或るお医者さんにお話を伺った所、とにかく頭部の毛髪が薄くなり始めたなと自分で思ったり、身近にいる家族や仕事仲間や友人、或いは久しぶりに会った人などから、薄毛になっているのではないかと指摘されたら、すぐ来院して欲しいと仰っています。自分では頭部は鏡でしげしげと見たりしない限り、自分では見えにくいですから、ましてや徐々に髪が薄くなるという、小さな変化には気づきにくいからです。髪が薄くなったからと言って、必ずしもAGAであるとは限りませんが、他の病気の兆候であれば、それを知るキッカケにもなりますし、恥ずかしいことではないので、少しでも不安を感じたら、病院へ来院して欲しいとのことです。

 

先程も書いたように、AGA治療をより専門的に行ってくれる病院はまだ少ないですから、住んでいる地域になければ、多少遠出をしなければなりません。これらの病院が少ないのは、AGA治療は近年やっとシーエムなどで御馴染みになったくらい新しい治療法なので、これから段々に普及していくものなのかもしれません。殊に会社の仕事で人と会う機会の多い仕事をしている男性などにとっては、髪の濃い薄いで、相手に与える印象が全く違ってきますから、こうした病院は増えていって欲しいものです。男性の薄毛や脱毛症は、家族や親戚に同じ傾向の人がいると、遺伝や隔世遺伝でなってしまうことが多いそうです。心当たりのある男性は、若くても気をつけながら生活していった方がよいかもしれません。